健康オタクの青汁日記

2011年3月18日

運動するダイエット。

カテゴリー: 健康 — タグ: — ken @ 10:44 PM

最近ダイエットを怠けているためにリバウンドしている私です。

皆さんも一年中ダイエットしている人もいると思いますが。

札幌の賃貸マンションに住んでいる友人は「北海道は冬の時期は寒さや雪で動けなくなるのであたたかいうちに動いておかないと冬太りのまま・・・。」と言っていました。

しかしダイエットはやり方を間違えると痩せにくい体になります。

食べずにダイエットしよう!とにかくカロリーを減らしてすぐに痩せたい!そう思う方もおおいと思います。

しかし食べないダイエットはとても危険です。

ちなみに食べないと当然体重は落ちます・・・しかし脂肪と一緒に筋肉も落ちていきます。

ダイエットには基礎代謝が重要になります。

基礎代謝とは人間が生きていくのに最低限必要な機能を維持するためのエネルギーのことです。

何もしなくても消費するカロリーのことで歩く、仕事をするなど活動することで+αのカロリーを消費していきます。

基礎代謝が高いほど痩せやすい体と言うことになります。

基礎代謝を上げる為には、筋肉が必要になります。筋肉が減少してくると当然基礎代謝も悪くなりカロリー消費が少なくなります。

つまり痩せにくい体ということになるのです。良い例が、女性よりも男性の方が筋肉量が多いので基礎代謝が高いのです。

ご存知でしたか?つまり効率的なダイエットと継続的にその体系を維持するためには、食べないだけのダイエットではなく適度な運動を行い筋肉量をアップさせることが理想なのです。

ムキムキになってくださいと言うわけではありませんが、女性の方でも適度な筋肉をつけるでシェイプアップになるのですから、運動しながら痩せることを心がけましょう。

大分は土地が広くて走りやすい環境なのがいいところです。

2011年3月5日

ケールについて

カテゴリー: 健康 — タグ: — ken @ 10:18 PM

さて青汁の原料として有名な「ケール」についてお話をしたいと思います。

ケールは、もともと南ヨーロッパ原産の野菜でキャベツの原種といったものです。

ケールが入っている青汁のにおいを嗅いでいただくとわかりますが、キャベツのようなにおいがすると思います。

最初のころ僕はこのにおいがとてつもなくダメでした・・・

今ではすっかりなれましたがケール青汁は冷たい水で飲むのがオススメです。

たまにお湯で飲む方がいらっしゃいますが、キャベツのにおいが苦手な方にはあまりオススメしません・・・

お湯でにおいが倍増します。さてケールが青汁の主成分として使用される理由ですが、その栄養価の高さがこれまでの知られている野菜の中で抜群に高いからなのです。

カルシウム 、ビタミンA、ビタミンB1 、ビタミンB2 、ビタミンCなどの栄養価がとても高いのですが例えばカルシウムは牛乳180CCに対して三本分あるのです。

こうした栄養価の高さから青汁の主成分として使用されているのです病薬は口に苦しと昔の人は言っていましたが、青汁は健康維持には欠かせない天然の薬なのではないでしょうか?

しかしその飲み味はとてもマイルドで飲みやすいと思います。

昔のCMでは「まずぃ~」というのが青汁の代名詞でしたが今では飲みやすい青汁が沢山販売されています。

あのCMは集客できていたんでしょうね。

健康維持に多くの芸能人も飲んでいる方が多いので今まで、もしかしたらまずいのでは?と思っているあなたも一度飲んでみてはどうでしょうか?

Powered by WordPress